10月22日公演:KANSAI BAROQUEが伝えたいこと

今日から9月がスタートし、いよいよKANSAIBAROQUE第2回公演も来月にせまってきました。

当音楽監督、指揮者であるパブロ・エスカンデが、今回の公演プログラムについて”My Point”を挙げているので公開します。

パブロ・エスカンデ

KANSAI BAROQUEが伝えたいこと

~J.S.BACH「ヨハネ受難曲」BWV245~

 KANSAI BAROQUEは、バッハやその同時代の音楽を真摯かつ適確に解釈しようとするプロフェッショナルなアンサンブルである。

 私たちはピリオド楽器を用いて、バロック時代の文献による演奏習慣に倣っている。バロック時代後期の北方のヨーロッパ国では一般的であったバロックピッチ415Hzで演奏し、調律は、現代のオーケストラが用いる平均律ではなく“ヴァロッティ(Vallotti)”

や“ヴェルクマイスター3(Werckmeister 3)”を用いている。

 声楽アンサンブルは各パート3名から4名とし、「ヨハネ受難曲」では、合唱部分だけでなくソロパートも担う。つまり、すべてのメンバーがソリストも兼任する。バロック声楽の解釈におけるコンチェルティーノやリピエーノは、日本ではまだなじみがなく、現代はオーケストラの後ろで大人数の合唱団が合唱部分を歌

い、その前で4名のソリストがアリアやデュエットを歌う形が通常となっている。しかし、バッハの時代では、ソリストたちも小合唱団とともに歌っていた。バッハが1730年にライプツィヒの市参事会に提出した有名な上申書には、各声部少なくとも音楽の素養がある3名の少年を保証するようにと書かれていることからもわかるように、当時はそれが一般的であった。

 オランダバッハ協会の前音楽監督であるヨス・ファン・フェルトホーフェン(Jos van Veldhoven)がバッハにおける新しい発見を私に教えてくれた。そのひとつは、ステージ上の楽器と声楽グループの配置に関することである。オーケストラの後ろに声楽グループを並べるのではなく、各声部(sop/alt/ten/bass)1名ずつのグループをステージ上に3か所に分けて配置させるという方法であり、今回の公演でぜひ試したいと考えている。この10年間、通奏低音奏者として、様々なオーケストラでバッハのオラトリオを何度も演奏してきたが、テキストの深い意味を観客に伝えるためにもっと多くの方法があるのではないかと感じている。人々は音楽の調べを楽しんではいるが、その素晴らしい音楽にインスピレーションを与えている台本(聖書の言葉)に対してはまだ距離を感じているのではないだろうか。

 この「ヨハネ受難曲」は、バッハが細部にわたって素晴らしい音楽要素を散りばめた作品である。またそのテキスト(歌詞)は、バッハにとって、音楽と同様に非常に重要であった。KANSAI BAROQUEは、バッハが音楽に潜ませた素晴らしいディテールに多くの注意を払って取り組みたいと考えている。

 宗教改革によって唱えられた「敬虔主義」とは、信仰心が希薄になった当時の教会を批判したルター派の教義である。それは、より深く、より現実的で感情的、そして信仰心の復活を追求するものである。バッハが「敬虔主義」の時代に生き、ブロッケスのような敬虔主義作家のテキストを使用したことからもわかるように、それらのテキスト(そしてもちろんその音楽)の解釈には、極度の緊張感をもってなされるべきである。それは、今まで日本で演奏されてきたものよりも幾分か誇張されて聴こえるかもしれないが、バッハが生きていた時代ではそうであったに違いない。

 KANSAI BAROQUEは、これらのことを今回の公演で伝えたいと思っている。

<English>

Kansai Baroque choir and ensemble is the professional ensemble in Kansai at this moment doing the work of seriously and properly interpreting the music of Bach and his contemporaries. We use baroque instruments, or good copies, and the “performance practice” is according to baroque sources. Perform in baroque pitch 415 Hz, something that was common in late baroque music on northern countries, we also use another tuning systems (Vallotti, Werckmeister 3, etc) other than the standard Equal Temp. in orchestras nowadays.

All members of the choir (3 o 4 voices per group) are soloists and sing alternatively all the solos, as well as the total ensemble of the J. Passion.

The use of “Concertisten” and “Ripienisten” in Baroque Vocal Music interpretation, is not yet of common use in Japan (where the standard is to hear a big choir behind the orchestra singing Chorals, Choruses and Turbae Choirs, with 4 fixed soloists that only stand up to sing each of their arias/ duets). Now it is known that the soloists in Bach`s time were singing together with the small choir as well, and it was common procedure on those days. Also, that Bach wrote a letter in 1730 asking the Leipzig City Council, to please have at least 3 boys of each voice to guaranty the good quality and well organized Church services…

I have been talking with J. van Veldhoven in the Netherlands and he informed me about new discoveries of Bach`s performance practice which we are putting in practice in our concerts, for example: in the positioning of the instruments and the vocal group on the stage, not as a total choir behind the orchestra, but separated in 3 groups of 4 (sop/ alt/ ten/ bass) through the stage.

I have myself performed as continuo player (organ/ cembalo) many times and with many groups in my already 10 years here, all Bach`s Oratoria (Both Passions, H-moll Messe, Christmas, Ascension and Easter Oratorios, Cantatas ,etc) and I feel that much more can be done in bringing the text`s deep meaning to the audiences. I feel that people enjoy the music but not so much the libretto on which that wonderful music is inspired.

Kansai Baroque ensemble put a lot of attention on the story of the Passion of Christ (and to all the little-great and wonderful details that Bach hides into his music), taking in count that for J. S. Bach the text was so important as the music self.

Pietism doctrine is a Lutheran doctrine opposed to the frivolity of the Faith, and search for a feeling of religion from the heart; more deep, more real and emotional; a revival of piety. Knowing that Bach lived in the time of “Pietism” and used texts from Pietism writers, like Brockes, the interpretation of those texts (and its music, of course) should be of a much higher emotional tension, something that in Japan may sound somehow exaggerated to what the people is used to hear, but not in the time of Bach.

Pablo Escande